るるブログ

サッカーが好きな人のブログです。ルドゴレツが好きというわけではありません。

ジェームズ ジェニングスが現役引退 (公式発表記事日本語翻訳)

先ほど現役引退を発表したストックポートカウンティ所属のDF ジェームズ ジェニングスに関するクラブの公式発表を日本語に翻訳しました。

それではご覧ください。

 

 

ジェームス ジェニングス選手が、怪我のために現役を引退することになりましたのでお知らせします。

 

f:id:ludybell:20210806013223j:plain


ジェームス ジェニングス

「残念ながら、手術を受け、膝の専門家(コンサルタント)からアドバイスを受けた結果、愛してやまないサッカーからの引退を発表しなければならないことを、心苦しく思っています」

「プロのサッカー選手として15年間、すべての大会で500以上の試合に出場できたことは光栄なことでした。国内の多くの素晴らしいクラブでプレーすることができ、素晴らしい友人関係を築くことができました」

「レッドディッシュ バルカンズでの幼少期から、マンチェスター シティ アカデミーでの数年間、マクルズフィールド タウンでのプロデビュー、FAカップ3回戦でのプレミアリーグのチームとの対戦、ウェンブリースタジアムの神聖なピッチでのプレー、マンスフィールド タウンでの昇格など、自分が成し遂げたことをとても誇りに思います」

「かつてのチームメイト、監督、スタッフの方々のサポート、そしてファンの皆さんに感謝したいと思います。また、長年にわたって私の代理人を務めてくれたリー フィルポット(LPM)にも感謝しています」

「また、キャリアを通じて信じられないほどのサポートをしてくれた家族にも感謝していますし、初日からインスピレーションを与えてくれました」

「サッカー選手であれば、キャリアには終わりがあることを知っていますが、故郷のクラブでプレーすることができたことは、私にとって大きな誇りとなりました。サッカーは、ピッチの内外で多くのことを教えてくれました」

「そして最後に、私のキャリアの次のステージへの移行期に、私をサポートしてくれたストックポート カウンティに感謝しています。この素晴らしいクラブに関わることができて、本当に光栄でした」

JJ

 

 

元記事 

www.stockportcounty.com

ノンリーグのチームからEFL、PLのチームに引き抜かれた選手達 #1

題名の通りです。今回は直近2年ほどのシーズンに対象を絞り引き抜かれていった選手を纏めてみることにしました。

あくまでも主観が強いので参考にはならないと思いますがご覧ください。

 

1. ジョー トムリンソン(Joe Tomlinson):イーストリー(5部)→ピーターバラUtd(2部)

 

なんといっても彼の魅力は左サイドバックながら得点力があるという点。

昨季は41試合に出場し11得点を記録し最優秀選手賞と最優秀若手選手賞をダブル受賞する快挙を達成。

 

 

 

そしてNon League Bibleが選ぶ昨季のベストイレブンにも選出されオフシーズンの注目選手として注目される対象となり事前の予想通りEFLのチームと契約を結びステップアップを果たした。

 

イーストリーではPKを蹴るシーンもあった新時代の攻撃型SBはどのような選手に成長していくだろうか...。

 

 

2. アニス メフメティ(Anis Mehmeti):ウードフォード(9部相当)→ウィコム(2部:当時)

 

お次は9部のチームから2部のチームと契約を結んだメフメティ。

といっても彼はウードフォードと契約を結ぶ前にノリッジシティの下部組織に在籍していたりアルバニア19代表にも選出されておりやや特殊なケースだろうか。

 

2019年秋、9部のウードフォードと契約を結び試合にも出場。

しかしその後Covid19の影響によりリーグ戦が中断そして途中で終了してしまう事態に陥ってしまう。

 

www.ilfordrecorder.co.uk

 

その後9月にイングランド2部に昇格したウィコムと契約を締結。

www.wycombewanderers.co.uk

 

加入1年目ながら積極的に起用され29試合で3得点を記録した

 

QPR戦で見せた華麗なドリブルからのゴールは新しいスター選手の誕生を予感させた。

 

ウィコムは1年で3部への降格が決まってしまったが残留。6月にはU21代表にも選出されここでも得点を記録。

www.uefa.com

 

目指すはアルバニアの先輩シュケルツェン ガシだろうか。

キルミーベイベー学 第一回 海外版キルミーアニメの声優さんについて

今回はキルミー学ということで海外におけるキルミーベイベーについて、書いていきたいと思います。

 

早速海外版のキルミーベイベーwikipediaで調べてみることにしました。

 

英語版

このアニメ、ご承知のとおりですが海外でも放送されています。英語の字幕だけというわけではなく声優も起用されています。

 

Yasuna Oribe(折部 やすな)

英語版の声優はHilary Haagさんで1996年から活動しています。特徴は子供のような声で若い女性のキャラクターを担当することが多いとか。

最近ではSHIROBAKOの久乃木 愛役を担当していた模様。

 

Mr.Tim氏による本人へのインタビュー動画

www.youtube.com

 

 

Sonya(ソーニャ)

こちらはLuci CHristianさんが担当しています。1999年から活動しており2008年に結婚した男性との間に2人の子供を授かったとか。

最近ではHSIROBAKOやサクラ大戦アニメーション(Sakura Wars The ANimation)にも出演しておりやすな役のHaagさんとも共演を果たしています。

 

Luci Christianさんによる演技集

www.youtube.com

 

Agiri Goshiki(ごしき あぎり)

こちらはRozie Curtisさんが担当しています。

今はTheatre Under the Starのコミュニティアウトリーチのマネージャなどを務めていると。

日本のアニメの海外版にも数多く出演しているようです。振付師としても活動しているとか。

www.youtube.com

 

 

Unused Character(没キャラ)

こちらはBrittney Karbowskiさんが担当しています。

2005年から活動しており2013年に結婚し子供を1人授けています。

この方も数多くの日本の海外版アニメに出演しており最近では「戦闘員、派遣します!」に出演しているとか。

www.youtube.com

 

 

 

松坂暖選手(元富山、現オックスフォードシティ)のインタビュー記事の翻訳

今回は元富山で現在はイングランド6部のオックスフォードシティに在籍する日本人DF 松坂暖選手のインタビュー記事を日本語に翻訳してみました。

色々補足も書いています。それではご覧ください。

 

f:id:ludybell:20210717141707p:plain

 

センターバックの松坂暖は、クラブとの新たな契約にサインしたことで、やり残したことがあります。
松坂は昨シーズン、Hoops(Oxford City FCの愛称)のDFとして活躍し、FAカップ予備ラウンドのRoyal wootton Bassett FC(イングランド9部)戦でのゴールは、有名なFAカップ本選進出の立役者となりました。

 

 

 

今、彼はベロシティ・スタジアムに戻ってきて、再び活躍する準備をしています。

 

契約後の興奮を語るダン

「契約できて本当に嬉しいです」

「昨シーズン好調だったチームや監督と一緒に仕事ができるのは、クラブが正しい方向に向かっていることを示していると思います」

「またその一員になれるのは良いニュースだし、とても楽しみにしています」

「監督は素晴らしい方で、私がどのようにサッカーをしたいかという点で、私と同じ考え方を持っているので、このクラブに残り、共に成長していくことは理にかなっています」

 

Hoopsは、シーズン終了時には上位陣にいて、昇格が見えていました。今、松坂はCityのパフォーマンスをさらに向上させることを決意している。

 

このCBは、「やり残したことがある」と告白する。

 

「シーズンが終了したとき、我々は順位表の上位(4位)にいたし、このままシーズンが続けば昇格のチャンスがあったと感じている」

(6部リーグはシーズン途中でリーグ戦が終了)

f:id:ludybell:20210717141411p:plain

「今は、来シーズンに向けて仕事を行い、さらにレベルアップすることが重要だ」と語った。

 

Covid-19がノンリーグのピラミッド全体に数多くの問題を引き起こしている中、2021/22シーズンはすべてのクラブにとって再出発の年となります。サポーターはスタジアムに戻ってくるでしょうし、ダンは(Oxford City FCの他の選手と同様に)ファンの前でプレーすることを待ち望んでいます。

 

「ファンの皆さんは、シーズン中、ストリーミングでご覧になっていたと思いますが、私たちを見て興奮してくれることを願っています」

「もし、昨年のグラウンドに彼らがいたら、もっと素晴らしいチームになっていたと思います。会いたいし、もし去年グラウンドにいたら、もっと素晴らしいチームになっていたと思いますよ」

 

 

元記事

https://oxfordcityfc.co.uk/2021/05/18/dan-matsuzaka-its-about-taking-it-to-another-level/

 

ここまでのStockport Countyの補強を振り返る

 

今回は躁鬱ではなくStockport Countyの夏の補強について振り返ろうと思います。

 

昨季は昇格プレーオフ準決勝で無念の敗退。昇格を逃す結果となった。

その結果を受けてフロントは大幅な戦力入れ替えを断行。12名の選手がチームを去ることに。

 

さて現時点で獲得した選手は6名います。1名ずつ振り返っていきましょう。

 

1人目;Ben Whitfiled(Torquay United:5部)

f:id:ludybell:20210716204431j:plain

プレーオフ決勝でPK戦の末昇格を逃したTorquayからの夏の補強第一号となった選手。

ポジションは主に左のサイドハーフで27試合に出場し6得点を記録。

後半戦(31節以降)はメンバーから外れることが増えてしまったが前半戦はレギュラーとして活躍。

映像を見る限りサイドから中にドリブルで切れ込むプレーやクロスで得点を演出するプレーが目を引く選手でかつての主力 Danny Lloydのような活躍を期待したいところ。

 

プレー集↓

https://www.youtube.com/watch?app=desktop&v=dl5FEIShmbU0

 

 

2人目:Ethan Ross(Lincoln City:3部)

f:id:ludybell:20210716204529j:plain

退団した控えGK Josh Barnesの後釜として獲得した24歳のGK。

昨季は同じく5部のWeymouthにローンに出され26試合に出場し39失点を記録。

2020年はメンバーから外れることがほとんどだったが年明けのYeovil戦からスタメンに定着。ほとんどの試合でスタメンとして最後尾からチームを支えた。

現在絶対的な守護神として君臨するBen Hinchileffeの牙城を崩すことができるか。

 

 

3人目:Lewis Earl(Preston North End U18)

f:id:ludybell:20210716205614j:plain

Prestonのトップチームに所属するJosh Eatlの弟でU18に在籍していた。

昨季は6部のテルフォードにローンに出されていたが6部のシーズン途中の終了によりローンから復帰。

ポジションはCBだがDMFもできるとか。

 

4人目:Millenic Ali(Ashton United:7部)

f:id:ludybell:20210716205812j:plain

 

昨季は7部のチームでプレーしていたアイルランド人FW。

3人目のLewis Earlと同じくエマージングタレントプログラムに参加。そこでスカウトに発見され契約に至った。

データが少ないがノンリーグでのプレー経験もあるのでチームになじむのは早いだろう。

 

 

5人目:Ethan Pye(Rochdale U18:3部)

f:id:ludybell:20210716210350j:plain

昨季は3部のRochdaleのU18に在籍。ユースアライアンスリーカップでは優勝メンバーの一員となった。

FAユースカップHyde Unitedに敗戦した試合でスカウトにより発見。3部や4部のクラブからもオファーが届いていた注目株で早い段階でのレギュラー定着も十分あり得る逸材。

 

 

6人目:Scott Quingley(Barrow:4部)

f:id:ludybell:20210716211333p:plain

昨季は4部で38試合に出場し15得点を記録したBarrowのエース。

とある理由によりチームを離れStockportでの挑戦を選んだ192cmのFW。

John Ronneyとは元チームメイトの間柄でコンビがここに復活した。

 

鬱状態の心境について

はい、また体調が比較的よくなってきたのでブログを更新しようと思います。

 

今回は鬱状態の心境についてです。

私は躁鬱、正確には双極性障害を患っていて鬱と躁の繰り返しの日々を送っています。

鬱になることはコントロールできずいつの間にか....というのがほとんどです。

 

鬱状態ではすべての物事をネガティブに受け止めるようになり、体が重く物事に対するモチベーションがなくなります。

一日中横になっていることも珍しくなく食事を十分に摂取することすらできなくなってしまいます。

まさに嵐のようなもので耐え忍ぶしかない...そういうことです。

 

最近はレポートも満足に書けず授業にも全く出席できていない状況が続いていて今も正直かなりつらいです。

というわけでここで終わります。もう限界です。

私の現状

はい。またも体調が悪化しブログの更新もできませんでした。

 

今回は私の現状についてつらつらと書いていきたいと思います。

 

躁鬱と診断されて暫くたち薬も飲むようになりましたが症状が劇的によくなった感はなく、精神的に不安定な時期が続いています。

この記事を書いている今は鬱状態で自殺願望もありますし自らを蔑むような思考状態になっています。

 

今はひたすら鬱になる前の私に戻りたいという気持ちが強く涙が止まらなくなる...そんなこともありました。

他の人はいい方向に行っているのにもかかわらず自分はこの体たらく。

ごくつぶしと言われても仕方ないような有様で世の中やいろいろな人に役立っているのかどうかもわかりません。

やることなすこと全てが空回りし自身はあっという間に喪失し人もどんどん離れていく...そのような感じがします。

 

一番つらいのは大学の授業すらままならないということです。勉強すらできない。じゃあ何のために生きているのかわからなくなってしまいます。学生の仕事は勉強することだと思います。それすらできないのであれば...。もういなくなってしまった方がいい、消えてしまった方がいいのではないかという極端な思考に陥っていくことになります。

 

症状がよくなる傾向はなくむしろ悪くなっているような...そのような感覚がします。

目の前が真っ暗でどこに向かっていいのかもわからずただひたすらに自らを傷つけ続ける...。

今は生きることだけで精一杯で何もできない日々が続きいっそのこと自分でこの日々に終止符をつけてやろうか.....。

でも実際に行動に移すことはできません。単に怖いからです。そんな自分もまた大嫌いなのです。

 

私が消えても世界は何も変わらずに動き続けますし私の存在なんて風で吹っ飛ばされてしまう。そんなはかないものだと思うのです。